2019年6月8日土曜日



ペット用鹿肉のジャーキー購入はこちらから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


防腐剤等の添加物は一切使用しておりません!

   鹿肉のジャーキーを購入の方はこちらからどうぞ>>     https://otoyo-hinodeya.stores.jp

ストアにないアイテムご希望の方は電話・FAXでご注文をお願いします。
電話 0887-78-0430 
携帯 090-5915-0548
FAX 0887-72-0280
★鹿肉のジャーキー 20g …  420
鹿肉のジャーキー 30g …  600円
鹿肉のふりかけ   30g  …  420円

★鹿肉のジャーキー中・大型犬用 1枚の大きさをワンちゃんの食べ応えのある大きさにカットしています) 20g×15袋入…4,000円
★鹿肉のジャーキー小型犬用(1枚の大きさを小さめにカットしています)
30g×10袋入…4,000円

いずれも送料・消費税含んだ料金です。
お支払いは後払い郵便振替でお願いします。

●鹿肉の特徴

・低カロリー、低脂肪、高タンパク
・鉄分が豊富(牛肉や豚肉の1.7倍)

・ビタミンB群、アセチルカルニチンを多く含んでいる

・駆除された野生の日本鹿を使用しているためアレルギーの心配がない


●分析結果


この検査結果をみますと、やはりタンパク質が多くて
ヘルシーだということがわかります。
ただし、鹿の個体によっても違いがありますし、
季節によっても脂肪含有量は大きく違ってきます。
鹿の肉が人間にとっておいしいのは夏です。
脂がのって 最高のお肉になります。
おいしい葉っぱをたっぷり食べてまるまると太って
くるからでしょうね。




・当店で使用している日本鹿の生肉です

 ☆鹿のももの部分です。最高級のお肉です。
   猟師の方の話によれば、鹿肉と猪肉を並べてワンちゃんに差し出すと
   必ず鹿肉の方を先に食べるそうです。
   やはり本能でしょうか。鹿肉が身体に良いことがわかるのでしょうね。
   日本鹿は夏の終わり頃が最高においしいそうです。
   猪は全く逆で夏の猪は脂がなくてまずいそうです。やはり猪鍋は冬に限る
      ということでしょうか。

山で増える鹿や猪
 ジビエという言葉も知らない昔から、猪は「山鯨」(やまくじら)といって、また、雉や兎は日常的に独特の味付けで鍋物で食べられていたし、山菜・蒟蒻などはいろいろ工夫しておいしく食べられていました。
今では調理法も知らない人が多く、伝統が途絶えようとしていますが、女将とその姉妹が伝統を絶やすまいと山の中の小さなお店で頑張っています。
山に人が住まなくなると鹿や猪が増え、農作物に被害が出るようになって、駆除しなければならなくなったものの、駆除された鹿は山に捨てられ狸やハクビシンの食べ物になって、それが畑や田を荒らすという悪循環を引き起こすことになりました。
鹿も猪も命ある生き物です。その命は大切に扱わねばなりません。


▼鹿肉を活用したペットフードの誕生

数年前、大豊町商工会で町おこし事業として、その鹿や猪を利用したジビエが取り上げられた際、「燈ので家」は鹿肉を活用したペットフードを提案しました。
そうして製造方法を研究していたところ、思いもかけず経済産業省の中小企業支援機構認定事業に認定され明るい展望が開けてきました。そうして製品が完成いたしました。


▼鹿の干肉とは?
全国の愛犬・愛猫家の皆様はご存知と思いますが、鹿肉は低カロリー・高たんぱくで鉄分を多く含み犬・猫の最適な食べ物です。

愛犬・愛猫家の皆様になるべく安く燈ので家の「鹿肉の干し肉」を利用していただき、愛犬・愛猫の健康増進にお役立ていただければ幸いです。
また、鹿肉を有効利用することによって山の再生に貢献できることにもなります。



  〇当店は高知県大豊町にあります

 今まで標準語をまねてブログを書いていましたが、上手に書けません。これからは土佐弁で書かせていただきます。(すみません)

  
   
  ☆大豊町にはそんなに鹿がいるの?  
   大豊町の人口は令和元年8月で約3千500人と発表されちゅうけんど、
   実際は入院したり、学校へ行ったりしちゅう人がようけおるき。3千人
   というところやろうかねぇ。
   去年捕獲された鹿は役場の集計で約1千700頭ということやき、その何倍も
   山にはおるということになるねえ。ということは人間より鹿のほうが多いことにな
            るがよ。

  ☆シカの食害はそんなにひどいの?

  鹿は皆さんが知っちゅうとおり草食動物やき、草を食べるがやけんど
   冬に餌が無くなると杉の木の皮を剥いで食べるがよね。
   すると植林された杉の木が枯れてしまうがよ。夏の間は草がなんぼでもあるき
   畑を荒らすこともないろうと思うよねぇ。ところが鹿にも草の好みがあるようで
   うまそうで柔らかい葉っぱを先に食べるがよ。
   特に栽培している野菜はうまいらしくて畑へ来て荒らしていくがよね。
            困ったもんぜよ。

       ☆猪や猿の食害はあるの?

             最近の大豊町では農業はできんぜよ。昔、といっても50年ぐらい前は尾                生山(おおやま)に猿の群れがいて麓の民家まではめったに降りてこん                かったがよ。
   たまに群れからはぐれた雄猿が畑に来たりすると大騒ぎになっての、みん             なで追い払ったもんよね。
   猿は泳ぎが得意ではないらしいねぇ。川を渡ることはないと猟師のおん                 ちゃんらがいうてたぜよ。
   最近の猿は家のそばまで来て平気な顔で遊びゆうきね。畑の作物は食べて             いくし庭の柿なんか食べれたことがないきのお。
   野生動物が増えた原因は、やっぱり過疎が進んだことやろね。それと犬を             放し飼いにせんようになったこともあるろうね。猿も猪も鹿も犬を嫌うき             ね。
   せっかく作った作物を猿や猪に食べられたんじゃあ作る気もせんわね。
   大豊町の被害金額は公表されてないけんど相当な金額になると思う。
   高知県でも野生の鳥獣の数を調査しゆうけんど正確には難しいろうねぇ。

 ☆ 去年の大雨は鹿に影響を及ぼした?

      去年の雨はすごかったぜよ。高知自動車の橋が土砂に押し流されたことは
   ニュースでご存知やろけんど、その現場は店から400mくらいの距離や
   きね。山が数ヶ所も崩壊して立川川が埋まってしもうた。
   立川川は四国三郎吉野川の支流でそれはそれはきれいな川ぜよ。いや、だった。
   去年まではネ。仁淀川の仁淀ブルーは有名やけんど、負けんばあきれいな川じゃっ
   たぞね。それがどうぜよ、口で言えんばあの川になってしもうた。
   道が崩落し、猟師が山へ入れんようになってしもうた。おかげで鹿は増えて
   増えて・・・、困ったもんじゃ。

 ☆ 猪と豚コレラ

   中部地方では豚が豚コレラに罹ってえらいことになっちゅうらしいが、四国は
   どうじゃろうのう?
   新聞やテレビではどうも野生の猪から感染したらしいが・・・。
   四国へそんな豚コレラに罹った猪が入ってきたら大変ぜよ。その可能性は
   うんとあらあね。
   テレビでもよく放送されゆうけんど、猪が海を泳いで渡りゆうことは有名
    じゃきのう。 
   まあ鹿には豚コレラはうつらんらしいき安心しちゅうけんどネ。
   なんで猪が海を渡って瀬戸内海の島に渡るのか親戚のおんちゃんに聞いてみたら
   ミカン畑に猪がなんぼでもおるらしい。ミカンを喜んで食べるらしい。
   猪はミカン大好きということじゃと。困ったもんぜよ。

☆新型コロナウィルス

   今年のGWは「STAY HOME」とやらで寂しいねえ。山は新緑で
   最高の季節だというのに人は誰もいない。鹿、猪、猿の天国状態ぜよ。
   いつものGWならアメゴ釣りやら山菜採りの人で賑やかなのにねえ。
   残念!

続きはまた今度ネ